【ドラクエタクト無課金攻略#24】「闘技場」とは?コンテンツ内容を予想&対策をご紹介!

ゲーム-Game-

こんにちは! コニィです。

今回は、ドラクエタクトにおける「闘技場」のコンテンツ内容を予想していきます!

※「闘技場」は記事執筆時点(8/13)では未実装コンテンツの為、
当記事は推測情報を含みます。

この記事はこんな人にオススメ!

「闘技場」ってどんな内容のコンテンツ?

いまのうちにやっておくことは?

無課金でも勝てる方法を教えて!

「闘技場」とは? 現時点での情報からコンテンツ内容を予想する!

「闘技場」は今後実装予定の対人コンテンツ!

「闘技場」はゲームのホーム画面からも確認は可能ですが

現時点では鍵がかかった状態になっており、

タップすると上記のような画面が表示されます。

「闘技場」という名前からも、

対人コンテンツであるということはほぼ確定と考えられます。

また、公式HPや公式Twitterに掲示されている

モンスター達が戦っている様子の画像から

今後は対人コンテンツがメインとなってくるのではと予想されます。

謎の要素「ウェイト」が関わってくる?

パーティ編成画面から確認できる「総ウェイト」という項目。

現時点では使用されていない謎の要素ですが、

「ウェイト」はボクシングなどの格闘技で

重量階級別に用いられる用語でもあります。

ドラクエタクトの「闘技場」においては、

この「総ウェイト」によって階級が分けられるのではないかと予想されます。

「ドラゴン杯」「魔獣杯」画像のリーク情報?

こちらはソース不明の不確定情報ではありますが、

リーク情報と思われる上記の画像がネット上に出回っています。

このような画像が出回るということは、

「闘技場」の実装も近いのではないでしょうか。

また、画像から確認できる「ドラゴン杯」と「魔獣杯」の文字から

ウェイト別だけではなく、系統別での大会も開催されるようです。

戦闘はオート、もしくはCPU対戦?

ドラクエタクトはゲームアプリという性質上、

対人戦はどうしてもマッチングが難しくなります。

そのため、多くのゲームアプリではオート対戦

もしくは手動でのCPU対戦が採用されています。

ドラクエタクトにおいてもこのいずれかが

採用されるのではないかと予想しています。

ここまでの予想まとめじゃ!

★「闘技場」は対人コンテンツ。

★今後は対人コンテンツが主流になっていく可能性。

★「総ウェイト」によって階級が分けられる。

★リーク画像から「闘技場」の実装は近い。

★「ドラゴン杯」など、系統別の大会も実装予定。

★戦闘はオート対戦、もしくは手動CPU対戦か。

対人コンテンツはどうしても

課金者有利になってしまいがちなので

みんなが楽しめる内容に期待です!

「闘技場」実装に向けて、いまからできること対策!

これらの予想から、いまのうちからできる対策をご紹介していきます。

低ランクのモンスターを強化しておく!

「総ウェイト」の情報から、高ランクと低ランクのモンスターを組み合わせて

パーティを作成する必要があると考えられます。

そのため、普段はおろそかになりがちな低ランクモンスターを今のうちに

レベルアップやランクアップで強化しておきましょう。

スタミナ節約のためにも、まずは「バトルロード」で

編成できるモンスターから育成していくと良いでしょう。

↓「バトルロード」についての記事はコチラ!↓

ドラゴン系と魔獣系のモンスターを育成しておく!

リーク情報の画像から、ドラゴン系と魔獣系のモンスター

用いての大会が近いと予想されます。

これらの系統のモンスターを優先して育成しておくと良いでしょう。

各系統ごとのベストパーティを組んでみる!

系統別の大会が行われると予想されるため、

手持ちの中の系統別ベストパーティを

組んでみることをオススメします。

その中で育てられていないモンスターがいれば

いまのうちに集中的に育てておきましょう。

まとめ。「闘技場」実装に向けて、万全の準備をしておこう!

今回は、「闘技場」のコンテンツ内容の予想と

その対策についてご紹介してきました。

いまからできる対策についてのまとめじゃ!

★「闘技場」は対人コンテンツ。

★低ランクのモンスターを育てておく。

★ドラゴン系と魔獣系のモンスターを優先して育てておく。

★系統別ベストパーティを組んでみる。

いまのうちからできることを

やっておくことで「闘技場」での

勝率を少しでも上げましょう!

「闘技場」は課金ユーザ・無課金ユーザ問わず、

すべてのプレイヤーが楽しめるコンテンツに

なってくれることに期待したいですね!

今回は以上です。ご閲覧ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました