【DQW】「ドラクエウォーク」キャラクター紹介!【無課金】

ゲーム-Game-

こんにちは。ドラクエとの出会いは「ドラクエⅤ-天空の花嫁-」のコニィです。

この記事では、現在の私の生活の一部にもなっているアプリ「ドラクエウォーク」について、同カテゴリの記事を初めて書かせて頂くということでキャラクター紹介をしていきます。

私はアプリのリリース日(2019/9/12)から始めてずっと無課金でプレイしているのですが、ドラクエウォークはなんと言ってもウォークモードが優秀ですよね。この機能によって日常の他の作業と被らず且つキャラクターも強化できるので、これが長く続けられている理由の一つかなと思います。

とは言え、イベントやマイレージ収集などは無理のない範囲でこなして、ときどきふくびきを回して一喜一憂したりと、無課金プレイヤーなりにゲーム自体は楽しんで遊ばせて頂いています。

そんな私のウォーカー生活ですが、私自身がブログやYouTubeなどで他のプレイヤーの方々の情報を見るのが好きということもあって、そんな理由から今回から自分自身のプレイ状況も晒していきたいと思います。

「初期からプレイしている無課金の人ってこんな感じなんだなー」と思いながら見て頂ければ幸いです。

それではウォークの世界へいってみよー!

1人目。主人公がゴスロリ枠。

1人目は主人公枠。

最近は王者の剣の実装もあり、デイン属性が弱点の敵モンスターが多かったため、武器はらいじんのやりに設定しています。

ロト剣? 王者剣? んなもん持ってるわけねーだろ!

武器に合わせてできる限り装備やこころ、心珠はデイン属性に寄せた構成にしています。

【防具】

ロトのかぶと=デイン属性とくぎダメージ +3%

【アクセサリー】

ロトのしるし=デイン属性特技ダメージ +10%

【こころ】

やまたのおろち=デイン属性とくぎダメージ +7%

アンドレアル=デイン属性特技ダメージ +7%

【心珠】

デイン属性・技呪S=デイン属性ダメージ +10%

デイン属性・技呪A=デイン属性ダメージ +7%

改めて見てみると、不揃いな装備でも付加効果だけで43%もダメージUPしてるんですね。

まあ現状のデイン属性は「ロトのしるし」で他属性より優遇されてる感は否めないのですが(笑)

2人目。お姉さんキャラ枠。赤い。

2人目はレンジャー。役割としては主にレンジャーの固有特性である「影縛り」での敵モンスターの行動制限役です。

かと言ってピックアップ武器など所持しているはずもなく、安心安定のSP武器・クリスタルクローを今でも愛用しています。

クリクロのメインスキル「ゴッドスマッシュ」はイオ属性なのですが、イオ属性とくぎを強化できる装備が6/7時点で最新のふくびきである聖盾騎士装備しかありません。そんなトレンド装備はもちろん所持しておりませんので、イオ属性強化要素としては心珠(S×2=20%)のみに留まっています。

※この記事を書いている途中にイオ属性装備を調べていて気付いたのですが、6/7現在開催中のイベント「スライムカーニバル!」でダークスライムの累計報酬で手に入るアクセ「カーニバルピアス」がイオ属性とくぎダメージ +5%の特殊効果を持っていました。イオ属性武器を使用されている方にはおススメです。

あとこのキャラは全体的にこころが貧弱ですね。最近実装されたばかりの7章のアームライオンはまだしも、キングスライムはまだしばらくはレンジャーキャラのレギュラーとして活躍することになりそうなので機会を見てSまで持っていきたいところです。

3人目。ドジっ子賢者枠。エロい。

3人目は回復賢者枠。超高難易度の「追憶の賢者」や高レベルの強敵のために、最近は普段から回復枠は2つ用意するようにしています。

このキャラだけ唯一、実防具と見た目防具が一致しています。

さとり装備はとにかくエロい。実装当時は貯めてたジェムぶっぱしました。

それでもさとりの杖だけは出なかったんですけどね……(泣)

ところで、3人目まで見ていただければ分かると思いますが、私は防具運だけは良いようでふくびきを引くタイミングは図りつつもこれまでさとり装備・ノーブル装備・バロック装備と防具だけはコンプできています。

逆にピックアップ武器はほとんど出たことがなく、所持しているのは常闇のやりのみという残念っぷり。

ピックアップ装備の防具は武器の効果を高めるものがほとんどなので、その武器が出ない私は必然的に防具が見た目用になってしまうという悲しみを背負ってプレイしています。

SP武器のひかりのタクトはメインスキル「いやしのかぜ」が強力。ただし、いやしのかぜの回復魔力の上限は500とのことなので、こころや心珠は特殊効果「スキルHP回復効果」を中心に構成しています。というか、賢者の装備構成なんて勝手に回復魔力500くらい突き抜けていっちゃいますからね。

※さとりの杖の回復魔力上限は650になりますのでこの限りではありません。

【こころ】

バラモスS=スキルHP回復効果 +10%

ドラゴスライムS=スキルHP回復効果 +7%

メタルホイミンA=スキルHP回復効果 +6%

【心珠】

いやし・技呪A=スキルHP回復効果 +6% ×2

合計では+35%になります。これで平均回復量はおよそ145です。

現在は攻撃呪文のためにゾーマのこころを使用していますが、より回復特化にするのであればステータスとの兼ね合いもありますが「スキルHP回復効果 +10%」を持つデスピサロ・ナウマンボーグ(どちらも現状入手不可。復刻待ち)あくま神官(ストーリー4章9話〜5章4話で遭遇可能。おススメはべビル・ひとつめピエロが同時出現する4章9話)などが候補になってきます。

あとは単純にいやしの心珠Sが出るまでコツコツ合成していく感じでしょうか。

4人目。色合い調節枠。

上記させて頂きましたが、4人目も回復賢者枠です。

3人目同様、いやしのかぜ上限の回復魔力500を維持しつつ、できる限り「スキルHP回復効果 +◯%」の上昇を狙った構成になります。

あとは、見た目のカラーが、1人目が”白と黒”・2人目が”赤”・3人目が”青”と来ていたので、4人目は…と考えた時に自然とこの見た目に決まりました。ぶっちゃけすまん。

まとめ。性能も大事だが見た目も大切な要素だ。

今回は私がドラクエウォークで使用している4人のキャラクター紹介をさせて頂きました。

実は、この構成で追憶の賢者やLv30のダークスライムのクリアはまだできていません。

高難易度の敵には世界樹の若葉・世界樹の葉・魔法の聖水は必須ですし、その上で味方の行動順や敵モンスターの行動パターンなどのバトルの流れにも味方してもらえないとなかなか厳しいです。

でも、そんな中でも私が楽しめているのは、最初にも書かせて頂いた他の作業と重ならないドラクエウォークのゲーム性、そして装備によって見た目が変わる着せ替え要素とそのキャラクターで冒険できる面白さがあるからだと思っています。

ですので、運営さんにはこれからも見た目装備の充実(配布・ふくびき両面で)を目指して行って欲しいと思います。

ただし色違いのスライム装備で所持枠圧迫させてくるのは無しな。

今回は以上です。ご閲覧ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました