【高校野球大阪府独自大会】大阪桐蔭-履正社戦の所感。

生活-Life-

2020/8/10(月)に行われた高校野球大阪府独自大会の準決勝。

毎年、大阪のみならず高校野球界全体を賑わせる大阪桐蔭と履正社の2校。

今大会は雨による連日の順延の影響のせいで準決勝での打ち切りが決定されている中、奇しくも2校の対戦は今大会最後を飾るカードとなった。

 大阪桐蔭
 010002000=3
 04032000X=9
 履正社

先発は両校背番号1番を背負うエース同士。

大阪桐蔭=藤江。履正社=岩崎。

この試合では藤江、岩崎ともに調整不足のせいか制球が定まらず、存分に持ち味が発揮できていなかったように感じた。

そんなどちらに転ぶか分からない展開の中、先制点を取ったのは大阪桐蔭だった。

2回表、1アウト1塁から7番・吉安の左中間を破るタイムリーツーベース。

打球はセンター方向へやや高く上がっていたのだが、この日の舞洲はレフト方向へ風が強くそれが幸いしてセンターとレフトの間へと落ちるタイムリーになった。

この後、大阪桐蔭は満塁とするが、岩崎はなかなかストライクが入らない中、なんとか最小失点で切り抜ける。

2回裏、履正社はこちらも制球が定まらない藤江を攻め立て、1アウト満塁とする。

ここで8番・中原が3塁線を破っていく走者一掃のタイムリーツーベースを放ち、すぐさま逆転。

個人的にはこの2回の攻防が試合の大勢を決するのに大きく影響したように思う。

その後はお互いにチャンスを作るが、大阪桐蔭は次の1点がなかなか入らない中、履正社は4回に3点、5回に2点と着実に得点を重ねていった。

大阪桐蔭も6回に岩崎から2点は返すものの、7回から代わった高橋を最後まで攻略できなかった。

とは言え、コールドゲームもあり得る中、意地の得点で最後まで食らいついていったところはさすが。

履正社は、夏の大会では毎年苦渋を味わっていた対大阪桐蔭戦での久々の勝利。

この勝利で秋以降の苦手意識が払拭されていくか。

個人成績では、履正社の3番・小深田が4安打、5番・大西が3安打。

特に小深田はプロ注目の大型内野手で、この試合の活躍でより注目度が高まった。

甲子園の特別大会では、大阪桐蔭は8/17(月)に東海大相模(神奈川)と、履正社は8/15(土)に星稜(石川)とそれぞれ対戦。

特に、履正社-星稜は去年の夏の甲子園・決勝の1年ぶりの再戦とあって注目度は非常に高い。

今回の対戦では履正社に軍配が上がったが、甲子園では2校ともに存分に持ち味を発揮してぜひとも高校野球生活を勝利で締めくくってほしいものだ。

タイトルとURLをコピーしました