親知らず抜歯してみた! 当日の流れは? 痛い? 費用は?

生活-Life-

こんにちは! 子供のころにはしゃぎ回っていたせいで前歯がちょっと欠けてるコニィです。

今回は、私自身が親知らずを抜歯したので当日の流れや結果をお伝えしていきます。

この記事はこんな人にオススメ!

親知らずを抜きたいけど、どういう流れなのか分からないから踏み切れない

抜歯って痛そうだけど、実際どうなの?

お金はどれくらいかかるの?

親知らずは抜くだけが選択肢じゃない! 歯医者さんとよく相談しよう。

まず、抜歯といっても当日に歯医者さんに行って急に抜いてもらえるわけではなく、あらかじめ歯の状態などを確認してもらった上で親知らずを抜くべきかどうかを判断してもらいます。

私の場合、歯磨きの時に歯ブラシが親知らずまで届いておらず、親知らずが虫歯になった上、その手前の歯まで虫歯にしてしまっているということで、抜くべきだと言われました。

逆に下の歯の親知らずは他の歯に悪影響などは与えていないということで、現状はそのままにしておいても問題はないと判断されました。

親知らずは現代人にとっては使わない歯とは言え、やはり歯を抜くという行為自体が人間に良い影響を与えるものではないため、残していても口内環境を悪化させない場合はそのままにしておくというのも1つの手だそうです。

親知らず抜歯の流れを紹介! 意外とあっさり!

さて、予約時間に歯医者さんに行くと、まずうがいをします。ほとんどの方はしていると思いますが、私は歯医者さんには前もって歯を磨いてから行きます。ただ、色々な理由のために歯を磨く時間がない方のための口内洗浄なのでしょう。

前回訪れた際にどこの親知らずを抜くかということは決めているため、歯医者さんから簡単な説明を受けた後、目の前にタオルを被されます。まあ誰もあんまり金属器具を使って自分の口の中をガチャガチャされているのを見たくはないですからね(笑)

私の場合、その日は左上の親知らずを抜く予定でした。

麻酔を打つのでちょっとチクッとしますね〜と言われたので開いた口で「ふぁい」と返事をします。当たり前とは言え、ちゃんと喋れないのはなかなか恥ずかしいです。

注射針のようなもので歯茎と歯の隙間くらいになにかを注入されている感覚があります。それが麻酔なのですが、舌に当たると結構苦いので注意してください。と言ってもどう頑張っても当たっちゃいます。我慢しましょう。

麻酔を打ち終わると、一旦うがい。ここで口の中の苦味を取り除きます。

余談ですが、私は結構唾液が出やすい体質で飲み込まないとすぐに口の中に唾液が溜まってしまいます。歯医者さんに行くとだいたい唾液が喉に詰まって非常に呼吸がしにくいのですが、これって私だけなのでしょうか?

さて、口をゆすぐと麻酔がちゃんと効いているかの確認の後、いよいよ抜歯に入ります。歯医者さんにもよると思いますが、おそらくだいたいの歯医者さんは不安な患者さんのためにこれから何をするのか伝えてくれると思います。

私の時も、「これから抜いていきますね〜」「もし痛かったりしたら言ってくださいね」などと逐一声をかけてくれていたので、内心では(麻酔したのに痛いかもしれへんのかい!)とツッコミを入れながらも何とか口を開けていられました。

奥歯のほうに割とゴツめの金属器具が入っていく感触。器具の柄の部分によって口角が無理やり広げられます。

確かに痛くはない……。痛くはないのだが……、頭に響く音がめっちゃイヤ!

正直、今回の抜歯ではこの音が1番苦手でした。

骨が折られる音というのでしょうか。「ミシッ……!」みたいなのがリアルに聴こえてくるのです。しかもそれが歯という頭に近い部分なので、余計に響いてきます。

私は親知らずが出てきていた(歯茎に埋まったままの人もいる)ので、そのままペンチみたいな器具で引っこ抜かれました。かかった時間は10分くらいでした。

抜けた歯茎から血が出ているので、しばらくガーゼを噛んでおくように指示されます。

ここで歯医者さんから提案が。

「あっさり抜けて時間余ったし、もう1本もいっとく?」(一部セリフに脚色あり)

今回抜いた左上の親知らずに加えて、次回抜く予定だった右上の親知らずも抜いてしまおうかという話でした。

正直、左上を抜いた時の感覚を別日に再び味わうのは嫌だったのでお願いしますと即答。歯医者さんってそんなに何回も行きたいもんでもないですし(笑)

というわけで、同じ流れで右上も「ミシッ……!」という気味の悪い音を脳内に残して抜き払われたのでした。

先生に「親知らず持って帰りますか? 」と訊かれましたが、虫歯で真っ黒になった親知らずなんて誰が要るねんと思いながら要りませんと拒否。

でも、先生によると結構持って帰る人は多いみたいです。子供の歯を家の屋上に投げるとか地面に埋めるとか、そんな感覚なのでしょうか。私には理解できません(笑)

抜歯の費用と術後の感覚。気をつけるべきは「血流」!

かかった時間は親知らず2本で前後の説明なんかも含めてだいたい30分くらいでした。

実費は痛み止め10回分と細菌を殺す飲み薬3日分込みで3,400円。

親知らず1本抜くのにおおよそ1,500円ってところでしょうか。思っていたより安かったです。

また、↑のような注意書きも貰いました。

抜歯後はタバコや喫煙のほか、運動や熱い食べ物を食べるなどの血流の良くなる行為も禁止とのことです。

私もこの日はお風呂はシャワーだけで済ませました。

あと、やっぱり歯を抜いた後って抜けたところに何かが詰まりそうでめちゃめちゃ気持ち悪いんですよ。

飲食自体は2,3時間後にはOKと言われましたが、万が一でも歯茎に食べ物が詰まるのは嫌だったので、ご飯はウイダーのゼリードリンクにしました。

また、歯磨きも当日は抜いたところは避けてくださいと言われていたので、口内洗浄薬でクチュクチュするだけに留めておきました。石橋は叩いて渡る派です、私。

まだまだ口の中は血がドバドバ出てますが、人間はもともと唾液が口の中を潤しているのでそこまで気にはなりません。少し鉄の味がするくらい。

術後3時間経ったくらいから、顎がダルいなあという感覚がありましたが、これがおそらく麻酔が切れてきた証拠なのだと思います。

抜歯後はもっと痛いのかと思っていたのですが、意外に激痛というよりも鈍痛という感じ。ただ、痛いことには変わりはないので、少しでも痛く感じたら貰った痛み止めを飲みましょう。私も現在進行形で飲んでいます。

まとめ。歯は一生ものです。大切にしてください。

というわけで、親知らずの抜歯当日の流れをお伝えしてきましたが、参考になりましたでしょうか?

個人的には思っていたよりも早く終わってそれほど痛みもなく、お金もかからなかったというのか正直な感想です。良い意味での肩透かしとでも言うのでしょうか。

歯は1度生え変わると、一生付き合うことになる大切な身体の一部です。

私もあまり歯医者に行くほうではありませんでしたが、入れ歯生活を送っている人や食べ物を食べにくそうにしている人たちを見て、抜歯を決断しました。

親知らずを抜いた跡の歯茎は若ければ若いほど早く治ります。

抜くならできる限り早い方が良いです。

また、親知らずだけに限らず、虫歯や歯周病の治療、歯石の除去など、歯医者さんには定期的に通うことをオススメします。

風邪を引いたら風邪薬を飲んで安静にします。骨が折れたら固定して動かないようにします。

歯も同じです。異常があれば、すぐに歯医者さんへ。

できれば一生、健康な歯で過ごしたいですもんね。

何か歯医者さんの宣伝記事みたいになっちゃいましたが、ただの私の本音です(笑)

今回は以上です。ご閲覧ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました